火曜日, 3月 06, 2007

Yahoo Pipes

Plaggerみたいなことが簡単にできるのだろうか?という
期待感とともに、Yahoo Pipesを使ってみた。

パーツとパーツをぐにょぐにょつなげていくという
インターフェースはAjaxサイトの中でもかなり新しい感じ。

しかし、巷で「簡単」「簡単」と言われているほどには簡単では
ないというのが第一印象。

まず、とっかかりで任意のURLからフィードを引っ張って
来る方法が分からなかった・・・。

最初はYahooやらGoogle Base やら、Flickrといった、
あらかじめメニューにある所しか検索対象にできないのかと
思った。これらの項目と並んで存在している「Fetch」という
パーツを使えばよいのだが、 スクリーンショットと共に例を
出している他の人のBlogを見るまで分からなかった。

フィードを連結してソートしなおす、フィルターをかけて特定の
キーワードを含むものみに絞り込む、といった程度なら
直感的にできるのだが、それ以上のことをやるためにあると
思われるパーツ類の使い方がよく分からない。

本当は任意のキーワードでログインして、とってきたフィードに
一定のルールで置換をかまして、ということまでできる
らしく、かなり高機能なツールなのは確かなのだが、

私が一番やりたいのは、普通のHTMLページを id やclass で
パースすることなのだが、そこまで使いこなすには、まだまだ
試行錯誤が必要な感じだ。