水曜日, 3月 07, 2007

池の住民達の捕食行動

先日、知り合いの方からお誘いをうけて、オフ会に行ってきた。
場所は清澄庭園。(空中写真

ここの池にせり出したゲストハウス(?)でお花見をしようという企画。
桜は咲いていなかったけど、梅の花が咲いていた。

この池はかなり巨大なのだが、鯉やら亀やら鴨やらカモメやら
いろいろな住民がいる。主催者の方が鯉にやるエサとして
「ふ」を買ってきてくれていたので、岸から投げてみた。

エサを投げたときのそれぞれの反応

  • カモ
    わらわらと素早く集まってくる。泳ぎは素早く、小回りが効く。
    遠くからでも飛んできてズザーっと着水しながらパクつく様は
    ダイナミック。
  • カモメ
    数メーター先のえさを取りに行くにも飛んで行こうとするため、
    羽ばたいているうちに、泳いできた鴨にエサを取られること多し。
    カモメは泳ぎが苦手のようだ。

    ただ、空中高くぽーんと投げられたエサを空中でキャッチするのは
    上手。

  • 基本的にのろまなので、鴨にほとんどエサを取られてしまう。ただ、
    池の中はエサが豊富なのか、この池の鯉はでかかった。
  • カメ
    トロすぎ。エサを頭の傍に投げても気付かない、または首を引っ込める
    始末。