土曜日, 12月 30, 2006

バッテリーがないと車は動かない

車検整備で「バッテリーが弱ってますね」と言われた私の車。
自覚症状が全くなかったので、その時は交換をしなかった。

しかし、それ以来、クランキングが非常に弱々しくなり、下手を
するとスターターが1回転して止まってしまったりするようになった。

最近は車に乗る機会がぐっと減ったので、そもそも充電の機会が
少ないであろうことは確か。以前バッテリーをあげたときに来た
JAFの人に聞いたところ、バッテリーというのはエンジンをブンブン
回し続けている状態を3時間くらいキープしてようやく満充電になる
らしい。

ということで、それ以来、いつもよりもギアを1段下げて高回転キープ
して走るようにしていた。その甲斐あってか、しばらくするとクラン
キングが早く力強く なり、始動性が良くなった。

しかし、そこで油断したのがいけなかった。先日、夜にドライブした
時に、久々にオーディオで大音量で音楽をかけ、そして歩行者が
良く見えない暗い道があったので、フォグライトをつけた。

そのまま家に帰ってきて、駐車場に入れようとしたときにエンスト
させてしまったところ、全くエンジンがかからなくなってしまった。

やはり、バッテリーはかなり弱っており、いつも以上の電装品を
使ったことで 、「貯金」があっという間に帳消しになってしまった
ようだ。

後悔したのも後の祭り。ただでさえ前の道が狭くて入れるのに
気を使う&傾斜がついて いる駐車場に深夜に一人、手押しで
車を入れる羽目になった。 マジで大変だった。

これから正月休みは実家に行ったり、車に乗る機会が増える。
そんな時にまたこんな事態に陥っては大変だ。というわけで、
年内の営業日が残り僅かの店で駆け込みでバッテリーを購入。

さきほど付け替えたら、エンジンはかなりあっさり始動。やはり
現代の車は電気で動いているのだと実感した次第。

しかし、オーディオの設定もECUの学習も全て飛んじゃった・・・。
あーあ。