木曜日, 11月 23, 2006

シャツにアイロンをかけるタイミング

先日読んだ、収納の達人が書いた本の中に「シャツは
干す前に手アイロンでシワを伸ばしておくと後がラク」という
旨の記述があった。

また、シャツのアイロンのかけ方について検索して
行き着いた、達人の技を紹介するTV番組のサイトには

シャツ類はかける前に一度全体を湿らせたら、タオルに
包んでしばらく置きます。湿りが全体にいき渡ってパリッと
仕上がりますよ!

なんて書いてある。

これらを読むにシャツは湿っているうちにアイロンをかけた
ほうがいいらしい。ということで、洗濯して脱水機から
出したてのタイミングでシャツをアイロンしてみた。

湿ってゴワゴワしているので、広げるのがちょっと手間だが、
スチームをOFFにしたアイロンをあてると、ジュワッと蒸気が
立ち上ってすぐにシワが伸びた。いつもはガンコなシワに
苦労するシャツが1枚あるのだが、それも難なく終了。

このアイロン方は下記のようなメリットがあると思う。

・アイロンにスチーム用の水を入れる手間が減る。
・シワとりが楽。
・シャツ全体にアイロンをかけるだけで殆ど乾いてしまう。
・アイロンの熱による生地へのダメージが減りそう。

シャツのアイロンは洗濯してたたむ前にするもの、
というイメージがあったのだが、このタイミングで
アイロンをかけるのが一般的ではないということは、
何か私の気付いていないデメリットがあるのだろうか?