水曜日, 10月 11, 2006

旅行ダイジェスト1

ちょっと遅めの夏休みをいただいて、ドバイ、アブダビ、香港、マカオに行ってきた。

バブリーでぶっとんだ国ばかりだったのと、25年ぶりに訪れるアブダビの懐かしさもあり、
かなり楽しい旅だった。


ドバイの空港の免税店で車が売られているというのは嘘だった。ただし、ポルシェや
高級車のあたる宝くじは売られていた。記念に一枚買ってみた。 さらに1億円があたる
宝くじもある。記念にこれも一枚買ってみた。


ドバイは建築ラッシュで世界の建設クレーンの3分の1がドバイにあるという
噂を聞いたことがあるが、高速沿いの郊外の高層ビル建築ラッシュは
壮観。ただ、父親に聞くと、昔シャルジャでも同様の開発ラッシュがあったものの
テナントが誰もおらずゴーストタウンになったことがあるという。

アブダビの街は凄まじいスケールの区画整理が行われ、ビルというビルが
ほとんど全て建て換わっていた。住んでいたビラも跡形もなく、またビラの
前にあったクロックタワーと煌びやかなモスクもなくなっていた。二つとも
結構特徴のあるランドマークだったのだが、あっさり無くなっていたのに
驚いた。

アブダビの道路はデフォルトで片道3車線+路肩に駐車スペース3車線分。
道路に面した建物の間には12車線分!間がある。ここまでゆとりのある
街並みというのは見たことがない。車社会の基礎インフラを最初にきちっと
作った、昨年亡くなったという先代の首長の先見の明に感服。

アブダビのエミレーツ・パレスホテルは圧倒的なゴージャスさが印象的だった。
是非泊まってみたいものだ。


昔通った日本人学校は全く変わっていなかった。母校が変わらない姿で
残っているというのはうれしいものですね。