土曜日, 9月 09, 2006

連射すると停止するものなーんだ

ある真新しいビルに行ったときのこと。目指す階は
中層階。エレベーターでもちょっぴり時間がかかる。

エレベーター乗っているのは私一人。電車に乗っている
ときは吊り広告を眺めていれば時間がつぶせるが、
エレベーターには現在階の表示しかないから暇だ。

なんとなく、「早く着けー」という気持ちを体現するかの
ように目的階のボタンを連射してみた。

すると、エレベーターが突然止まり、ドアが開いた。
私が連射したのはその階のボタンではないのだが、
フロアには誰もおらず、この階でエレベーターが
呼ばれた様子はない。

スルスルとドアが閉まった後、再び目的階のボタンを
連射してみる。すると、再び最寄りの階でドアが開いた。

このビルにピンポンダッシュのようないたずらを
繰り返す人が出没しているというわけではなく、
そのエレベーターにはボタンが連打されると最寄の
階で止まる、という機能がついているらしい。

恐らくは非常時を想定しているのだろうが、車内で
パニック時にはヒトはいろんな階のボタンを叩きまくる
といったリサーチ結果か何かあるのかもしれない。