水曜日, 8月 09, 2006

買ってからわかるプラズマTVあれこれ

会社の会議室のモニターとして買った58インチプラズマが先日届いた。

購入してから分かったことがいろいろあったのでメモ。

  1. 取り付け業者
    普通にメーカーのスタンドやサイドボードの上に置くなら問題ない
    のだが、壁掛けにする場合は工事が必要。

    内容的には壁にドリルで穴をたくさん開けて、ステーをねじ止めし、
    そこにモニターを引っ掛けるような形になる。

    本体は70kgもあるので、素人工事は怪我のもと。が、通販で
    本体を購入しようとすると、取付けまでは面倒を見てもらえない。
    地元の電気屋さんで取り付けだけをお願いできるかと思ったが、
    見積もりを取ろうとした段階で手の平を返された。

    まあ、本体購入とセットでないとおいしくないというのは理解できるが、
    販売価格の差が20万円近くもあるとついつい通販で買っちゃうのです。

    結局、オフィスの内装工事業者に頼んだのだが、プラズマの
    取付けに慣れている人たちではないので、取付けに来てから
    しばらく説明書と睨めっこ。さらにどこかに電話して聞いたり
    している・・・。大丈夫なんだろうか?と心配になる。

    配線の取り回しや取り付けの位置などに関しては全く指示待ちという
    スタンスで特にアドバイスももらえなかったので、可能な限り取付けは
    専門の業者に頼んだ方が楽かも。

  2. 取り付け
    本体は本当に重い。取り付け業者に「ステーから本体だけ落下する
    ということはまずありません。倒れるときは壁のパーティション板ごと
    倒れますから」と言われた・・・。

    取付け位置の高さは悩むところ。着座したまま自然なアングルで見る
    には会議室の机よりもちょっと高い位置が良いが、画面に対して縦に
    長く座る形の会議室だと、隣の人の頭が邪魔になる。

    結局、立ったときの顔の位置よりちょっと高い位置に付けた。画面の
    そばの席で長時間凝視するにはちょっと疲れるが、他人に視界を
    妨げられることがなく、よく見える。

    壁につけてしまうと後から配線ができないのでは?というのも杞憂
    に終わった。本体のステーはボンネットのように上方に向かって
    開くことができるようになっているので配線にはいつでもアクセスできる。

  3. 受信とアンテナ
    チャンネルのチューニングなどはウィザードが用意されていて、質問に
    答えてボタンを押すだけで完了。なかなか親切だ。さすが近代の家電。

    が、BSのチャンネルとデジタル地上波が受信できない・・・。よくよく
    説明書を読むと、アンテナ線が1本しか来ていない場合は、分配器を
    かませないとBSの信号を取り出せないらしい。

    分配器を入れたらBSが写った。が、デジタル地上波については何も
    そういったことは書いていない。いろいろな情報を総合すると、どうも
    アンテナからしてアナログ放送とは違うらしい。ということは、いわゆる
    オフィスビルでデジタル地上波を見るにはどうすればよいのか?

    管理会社がアンテナを設置して線を引いてきてくれないと見れないの
    だとしたら、共同住宅に光ファイバーの回線を引くかのようなオオゴト
    という印象を受ける。本当に2011年だかに日本全国移行ができる
    のだろうか?

    で、Veiraの場合、デジタル地上波が受信できないと番組表も受信できない
    らしい・・・。なんでも電源OFFの間にダウンロードするのだそう。

  4. PCモニターとしての機能
    一番の目的である、PCのモニターとしての機能は及第点。今までプレゼンの
    たびにプロジェクターをセットアップしていたのに比べたら、かなり軽快に
    利用できる感じ。

    1028x768の画面サイズならしっかり表示することができる。ただし、会社の
    PCのディスプレイカードが対応していないのか、ワイド画面としての画面サイズ
    を選択することはできなかった。

    長めのアナログディスプレイケーブル経由で接続しているからなのか、輪郭に
    少しゴーストのようなぶれが見える。そんなに気にならないレベルではあるが、
    調整ではうまく消せなかった。

  5. ネットワーク対応
    TV本体にはLANケーブルをさすポートがあるので、LANにもつなげてみた。
    DHCPで自動的にIPが振られ、何もしなくてもネットに接続可能になる。ここまで
    は手間いらずでいい感じ。

    しかし、その後できることといったら、内臓の簡易ブラウザで専用ポータルサイトを
    見ることくらい・・・。本当だったら番組表とかダウンロードして欲しいものだが、
    それすらできない。

    一体何のためのネットワーク機能なのか本気で理解に苦しむ。きっと説明書で
    私が見落としている機能があるのだと信じたい。

  6. HDMI
    今回はHDDレコーダーも同時に購入したのだが、TVとの接続は本当にHDMI
    ケーブル1本だけ。これは取り回し的には楽なのだが、結局アンテナ線やら
    PCモニターケーブルが結構モタモタするので、劇的なスッキリ感はない。

    いちおう、「Viera Link」と呼ばれる連携機能(?)でTVのリモコンからでもHDD
    レコーダーを操作できるみたいなのだが、はっきり言ってリモコンの操作が
    すごくわかりづらく、ストレスが溜まる。(現在、私も含めて社内で理解できている
    人は皆無)。

    別々のリモコンでちゃっちゃと操作した方がよっぽどマシなので、「リモコンが
    1台ですみます」というセールスポイントは絵に描いた餅であるといえよう。