火曜日, 8月 15, 2006

今日の停電に思う

子供の頃、多摩川沿いに住んでいた私は、高圧線のそばで凧揚げをしてはいけないと
親、先生によく言われた。凧糸を伝って電気でビリビリしている警告看板も当時よく
目にしたものだ。

当然、船が高圧電線に触れたら船の上の人は感電死してしまうのかと思っていたが、
今回の事故では死者のニュースは出ていないので、実はそうではなかったようだ。

また、電線に触れたクレーンは電気溶接器にかけられたかのように、溶けてしまう
のかと思いきや、これもそうでもないっぽい。(あまり詳細な画像を見ていないので
実は違うかもしれないけど)。

電気の流れって不思議。。。。

それはそうと、今回の事故で電線に接触したクレーンを操作していた作業員は電線に
気付かなかったらしいのだが、なんとも お粗末な話だと思う。

今回の事故による経済損失はお盆中だったからまだ良かったとは言え、甚大な額に
登るはず。再発防止のためには、高圧線が渡してある所には川岸に非常に目立つ印を
付けるとかした方がよいと思う。何十年に一回役に立つか立たないかで、アホらしい
と思えるかもしれないが、一回こういう事故を防げるだけでも建造費は充分ペイすると思う。