木曜日, 8月 10, 2006

ランクル

帰り道で久しぶりにトヨタのランドクルーザーを見た。

一時はオフロードのセルシオとしての地位を確実に築いていた気が
するが、最近はほとんど姿を見なくなってしまった。高価格帯の外車
SUVはあれほど姿を見るというのに。Lexusブランドからそのうち
新型が出ることになっていて、密かに巻き替えしの機会を狙っていたり
するのだろうか。

雑誌の記事で新セルシオの開発主査のインタビューが載っていたが、
トヨタ社内の現状に対する危機感というのは相当すごいらしい。
セルシオのような車を4WDにするとかハイブリッド化するとか、今までなら
すごい冒険と思える提案にも社内の偉い人ほど理解があったのだとか。

ホームランよりも無難に内野ヒットを重ねるようなソツのなさがトヨタ流
という印象があるが、やっぱりそんな発想で製品を作っていると、
つまんない商品ばっかりになってしまい、おいしいセグメントで外車に
やられっぱなしになってしまった。私にはランクルがそんな象徴に思えて
ならない。