金曜日, 7月 07, 2006

"飛び"が大切

思っていたより飛ばなくて困ってます。

先日買ったワイヤレスキーボード&マウス。ソファに座りながら2m離れたPCを操作しようと思ったのだが、なんと電波が届かないことが判明。

足元のあたりでマウスを操作すればなんとかポインターが反応するのだが、深々と座ってしまうとダメ。これでは全く意味がない。製品選択の際にLogicool製という由緒の正しさ(?)で保険をかけたつもりだったのだが、やはり安物はダメなのか?

もっと高いモデルだったら距離が出るのだろうかと思い、マウス単体で4000円以上した他のLogicoolワイヤレスマウスで試してみたところ、3mくらい離れても全然大丈夫だった。このマウスを良く見ると、誇らしげに2.4GHZという文字がプリントしてあった。この周波数が飛距離の秘密なのだろうか?

一方で、同じく4000円くらいしたという他のマウスも試してみたが、飛距離はうちのと大して変わらなかった。こちらには2.4GHZという文字はなかったので、私の中で「2.4GHZ=飛ぶ」という印象ができあがりつつある。

やっぱり一度買ってみて失敗したりしてみないと、モノ選びのポイントってなかなか分からないものだな、と思った次第。