金曜日, 2月 24, 2006

ひさしぶりに株

今年は株式投資を少し再開したのだが、長らくほっぽろかしにしていたので、今の相場観が全然わからない。が、私はあまのじゃくなので、どうせメジャーな銘柄は買わないからよしとする。

理想は「どんな風が吹いたらどの桶屋が儲かる」を予想するという戦略性を楽しみつつ、利益を出す投資。まあ、損しない範囲内で楽しめればいいや、ということ。

今回私が注目した事象は2つ

  1. どうも梅酒が流行ってきているらしい。
  2. LiveDoorが上場廃止になると株券を刷らなければならず、100億円かかるらしい。

1に関しては、CHOYAが思い浮かんだが上場していなかった。梅酒の自作ブームが来るかもしれないと思い、梅酒の造り方ページを検索するとベースにホワイトリカーを使うと書いてあった。ホワイトリカーのメーカーを検索して上場してそうなところを探す。今回は宝ホールディングス(株)に目をつけたが、今日は指値まで降りてこなかった。

2については、まず亜細亜証券印刷が思い浮かんだ。が、このIPOブームの中、半独占企業みたいなものなので儲かりまくっているらしく、株価が既に結構高くなっていた。それでもPERや配当利回り的には危険な雰囲気はしないかったので指してみたが、こちらも今日は指値まで降りてきてくれなかった。

管理部のマネージャーに聞いてみたところ、証券の印刷というと、ほかに大日本印刷、凸版印刷、宝印刷、かわったところでは北海道のボトラーが行っているそうな。LVが本当に株券を刷らなければならなくなった場合、どの業者に依頼するのかまでは私のレベルでは分かりようがない。

そこで、亜細亜証券印刷の他に一つ適当に選んでみることにした。前者2つはあまりにも大きいので、聞いたことのない宝印刷に注目。マイナーさが投資欲をくすぐる、というのはきっと悪い癖なのだが、PERなどは悪くない。ということで指してみる。

はてはて、どうなるか。