水曜日, 2月 22, 2006

好きな芸能人のタイプの差

身の回りの女性陣に指摘されて非常に意外だったのだが、「好きな芸能人は?」と聞かれたときに「米倉涼子」と答えるのと「ケート・ベッキンセール」と答えるのとでは、受ける印象が全然違うらしい。

私からするとどちらも同じタイプで、日本人で言えば前者、外人だったら後者というだけの差だと思っていたのだが、ケート・ベッキンセールという方がどういうタイプが好みなのかか非常に分かりやすいようだ。

「あー、ようやく○さんの好みがクリアーになってきましたよ」と全員に言われたが、一体その差って・・・。ちょっとした表現の差が思わぬ印象の違いを生んでいることってあるんですね。