木曜日, 1月 12, 2006

Yahoo Search API

CNETの記事を読んでいたら何やら面白そうだったので、YahooのDevelopperネットワークに登録して、Web Search APIのサンプルスクリプトをダウンロードしてみた。

JavaScript版を見てみたが、内容はA4で2ページに収まるほどのボリュームしかなく、XMLHttpRequestを使って、検索結果画面の各種エレメトを取得するところまでのメソッドが用意されていた。あとはイベントに対応する部分を自分で書けばOKという感じ。

取得できるエレメントは検索結果に載っているサイトのタイトル、要約、URL、クリックURLくらいで期待していたよりも少なかった。キーワード広告のある無しや関連キーワードなどの情報が取れるようだったら凄かったのに。

ところで、クリックURLを取得できるようにしてあるのは何のためなのだろう?これは検索結果からそのサイトにどれ位アクセスがあったかをYahooが調べる目的で設けているはずなのだが、これが簡単に調べられたら、クリックスルー向上を目的としたSEO Spamチックなロボットが作れてしまうように思うのだが・・・・。