火曜日, 1月 24, 2006

LD騒動

今回のLiveDoor騒動に思うこと。

号外が配られていたが、号外って何のために配られているのだろう?しかも無料なのはなぜ?裏に英語でも書かれていて、そちらの方が年表も入っていたりして日本語よりも情報が細かかったのがおかしかった。

ポータルとしてのLiveDoorって今後どうなるのだろう?サイトのトップには営業を続ける旨が記され、ついでに新サービスの告知をしているなどちゃっかりしているが、単体で存続できるほど利益が出ているとも思えない。Blogはかなりの数の会員を抱えているから、そのうちYahooなり楽天なりに買われてしまったりするのだろうか?特にYahooはBlogでは出遅れた感があるから、あり得る気もする。でも、仮にそうなって、Blogのドメイン名が変わったりしたら、LiveDoorBlogで一所懸命アフィリエートしていた人々にとっては気の毒なことになりそうだ・・・。

LiveDoorの堀江氏Blogのコメント欄もYahooFinanceの掲示板も、すごい騒ぎになっている。最近ネチケットという言葉をあまり聞かなくなったけど、いろいろな人の本性が垣間見れる場になっていると思う。

仮にLD株が上場廃止になった場合、株価が極端に安い価格になったときに究極のデイトレードゲームが起こるだろうか?山一證券が破綻したときに、1円で買って2円で売れば利益100%!ということがあり、後に他の会社の破綻時にちょっとだけ同じことをやってみたことがある。実際のところ一人で10万株とか買ったとしても売れるものではなく、結局何回にも分けて約定するため結局は手数料で足が出てしまい、そうそう儲かるものではないと悟った。ただ、LD株の場合は株数がめちゃめちゃに多いということ、最近株を始めた初心者が寄ってたかって「1円で買って2円で売れば利益100%!」に初チャレンジ!となる可能性があるかも、と思う。そうなった場合に東証のシステムは耐えられるのだろうか?