日曜日, 11月 06, 2005

Jail?

24やUSの映画を見ていると、「刑務所行き」という言葉の重みが日本と違うように思える。

日本の犯罪映画などだと刑務所行きは「おつとめ」という雰囲気すらあるが、US映画のそれは「ガクガク、ブルブル」という感じ。

映画の中のシーンで見る限り、USの刑務所の方が自由な感じすらする上、強制労働めいたものもあまりなさそうに見えるのだが、実は自由な分中は無法地帯とかだったりするんだろうか。

で、その中の様子が一般社会にも知れ渡っているが故に犯罪抑止力となっている、ということか。日本だと刑務所を出た後の社会復帰の大変さの方が犯罪抑止力の源になっている気がするが、どうなのだろう。