火曜日, 11月 29, 2005

Google Analytics

アクセス殺到で新規受付をストップ中のようだが、Blogを見ているとJavaScriptのイベントを逐一送ったりできるようなライブラリを作っている人やら、サイトのユーザビリティテストやゲームのバランス調整に使えたりしない?といったことを考えている人がいたりして、Webトラフィックよりももっと高頻度のデータ送信をしようとしている人が少なからずいることに驚いた。

細かいマウスカーソルの動きのイベントを逐一送られたりしたら、DOS攻撃と変わらないよな・・・・なんて思うのだが、そこまでやっているのは一部の人だけにしても、最低でも利用しているサイトに来ているのと同等以上のトラフィックをAnalyticsサーバーも受けなければいけないわけで、Googleが準備するサーバーのキャパシティがどの程度で、どうやって実現するのか知りたい気がする。

それはそうと、万能最強に思えるAnalyticsだが、盲点もあることに先日ようやく気がついた。この手のJavaScriptを使ったASPタイプのログ解析サービスは皆そうなのだが、JavaScriptが動かないブラウザによるアクセスは全く相手にできない。ということは、クローラーの動きの解析はできないし、iモードサイトの解析にも使えないということ。なんか残念。