火曜日, 10月 04, 2005

NTTは何から逃げる?

先週、深夜作業の後のためにちょっと寝坊した日のこと、慌てて出勤の支度をしていると、玄関に誰かやってきた。

インターホンに出ると「1階で工事をさせていただいている者ですが、工事のご説明の資料をお持ちしました。」とのこと。工事の説明?一体何の工事だというのか。私が頼んだわけでもないのに、わざわざ説明を受けなければならない工事など聞いたことがない。宅配便を装ってやってくる訪問販売のようで、何かうさんくさい。

そこで、「ポストに入れておいてください」と言ったところ、何かがポストに突っ込まれる音がして、声の主は去っていった。中を開けてみたところ、「今度私達が光ファイバー施設の工事を引き受けさせていただくことになりました。今ならBフレッツの加入料が無料になるのでうんたらかんたら」みたいなことが書いてある。よく、「マイライン」の契約をとるために「今度お宅の電話の工事をすることになりましたので」と言って、訳が分かっていない住民に契約させてしまうという手口を聞いたことがあるが、それのBフレッツ版か!と思った。こんな築20年近くで6階建てなのにエレベーターもないようなマンションにBフレッツなど通るはずがない。オートロックがついている私の実家のマンションですら、管理組合の承認が通りながらもファイバーを通すスペースがないと言われて断念したというのに。

ふふふ、詐欺を見破ったぞー、と思いながら階段を降りていくと、なにやら1階で大掛かりな工事をやっていた。げげ、本当に工事をやっているようだ。確かにここはケーブルテレビも入っているし、そういうのが好きな大家さんなのかもしれないが、NTTも結構売り込みをしたのだろうか。

それにしても、こんな物件にまで光ケーブルが入るとは、日本はすごい国だと思う。そのうち確実に到来するであろうVOIP時代に備えてNTTは少しでも自社ネットワークで囲い込みをしようとしているのだろうか。