水曜日, 10月 26, 2005

モーターショー

コンビニで特集雑誌が並び始めたところを見ると、そろそろモーターショーが開催されるらしい。今年は有給をとって(前回は週末に行ってえらい混雑で大変だった)見に行ってみようかなという気になっている。

今後数年の動向として個人的に興味があるのが、ジャパニーズプレミアムカーセグメントがどうなるかということ。東京の中心部で見渡すと今や500万円オーバーの外車などうじゃうじゃ走っている。しかし、その価格帯の日本車というとあまりないのが実情だと思う。

デフレ時代のコスト競争に明け暮れるうちに、日本車はプチ富裕層ともいうべき独身男性が車を買う時に重視するような内外装のプレミアム感の出し方が分からなくなっているように見える。昔は日本車の方がハードウェアスペック上の数字が優れたりしていて、「外車は雰囲気だけでしょ」みたいなことも言えたのだが、最近は外車の方がモンスターみたいな車目白押し状態なので、国産車はチューニングカーも含めて部が悪い。

この閉塞感を打開する鍵は一つはデザイン。もう一つはテクノロジーブレークスルーだと思う。

前者に関しては、個人的にはNISSANが一番いい線を行っていると思う。いち早く車の内装=モダンファニチャのコンセプトを打ち出していたり、エモーションに呼びかける商品作りのポテンシャルを感じる。日本のメーカーはいざとなると著名デザイナーを招聘してデザインをテコ入れしようとしたりするが、三菱とスバルに関しては思いっきり逆噴射をしてしまったような感じ。なぜ外人デザイナーを呼んでの「ブランドの統一マスク作り」はいつも失敗に終わるのだろう?


後者に関しては筆頭はやはりLEXUSを率いるTOYOTAだろう。ハイブリッドをスポーツ路線でうまく活用できれば、再びスペック至上主義のもとで輝きを取り戻せる可能性は高い。が、デザインがコンサバすぎるのが足を引っ張る可能性もあり。今あるLEXUSの車はイマイチだが、第2世代からはデザイン面でもあっと驚く進化を遂げるのだろうか。