水曜日, 10月 12, 2005

キーボード発注


発注してしまいましたThinkpadと同型のキーボード

ノートPCの操作系ではトラックポイントが好きな私だが、値段を考えるとキーボードとしては異様に高価。でも、キーボードから全く手を離さずにすべての操作ができるというのは魅力だ。ここまでいくとバカだなーと自分で思うが、会社での仕事時間のうち8割はPCを操作しているわけで、そこで使う道具くらい凝ってみてもよいのではないか、とふと思ったのが購入のきっかけ。

存在は知っていたものの、店頭であまり実物を見たこともなく、購入を決意してから商品の詳細を調べるという、本来とは逆の順番で商品リサーチを開始。やっぱり実物をみないとよく分からないことが多いが、今回初めて知った、気になったポイントは下記の通り。


  • 薄さ
    どうもこのキーボードは本当にThinkpadの部品を流用しているようで、キーそのものが意外と薄い。Amazonのレビューを見るとそのことに関しては賛否両論のようで、ストロークが浅くて打ちづらいという人もいれば、Thinkpadのキーが好きなので同じでうれしいという人もいる。また、副次的な効果でおかげで持ち運びやすいという人も。私としては、できれば昔あったような普通のストロークのキーボードでトラックポイント付というのがベストなのだが、もはやこのタイプしか売っていないのであれば仕方がない。Thinkpadのキー自体が打ちにくいと感じたことはないので、実際はそれほど気にはならないと思うが・・。


  • 角度調整
    前出のポイントとかぶるのだが、このキーボードは平らなキー配置なので、最上段のキーが打ちにくいというレビューを書いている人がいる。また、傾きが2段階にしか調整できないのだが、これが合わないとちょっと大変かもしれない。


  • キー配列
    私は数字キーは努めてキーボード最上列で打つようにしているのだが、会社で使用予定で省スペースはそれほど気にする必要がないということと、ちょっとしたときにテンキーがあった方がよいかもしれないと思い、今回はテンキー付のモデルを選択した。が、X41もそうなのだが、Thinkpadは最上列のキーが少し小さい。よって、数字のキーをタッチタイピングで数字を入力しようとするとデスクトップのキーボードと位置が少し異なることになる。購入後はどちらもThinkpadのキーボードとなるため、この違和感はなくなるはずだ。(が、他の一般的なキーボードへの復帰が難しくなるかも)

  • タッチパッド
    このキーボードにはタッチパッドが付いてくる。このキーボードを買う人でタッチパッドを目的に買う人はいないと思うのだが、手のひらがこれに触れるたびにカーソルが誤作動しそうなので、おそらく私はこれをOFFにしてしまうと思う。一方、レビューを書いている人の中には、これをスクロール専用として使っているという人がいた。そのような使い方は興味深いので、是非一度試してみようと思う。

  • USB接続であること
    このキーボードはUSB接続である。私はPS2キーボードが標準のデスクトップPCに接続して使用するつもりなのだが、OS起動時にはキーボードが接続されていないとエラーになってしまう。なので、既存のキーボードも引き続き接続しておく必要があると思われるのだが、邪魔にならないかちょっと心配・・・。



さて、実際に使い始めたらこれらのポイントにはどのような印象を抱くのだろうか?なぜかお届けまでに1週間以上かかるようなのだが、楽しみ。