土曜日, 9月 24, 2005

ThinkPadの右クリック問題

先日買い換えたThinkPadX41は右クリックのレスポンスがイマイチ。

トラックポイントの素晴らしいところは、1)3つのマウスボタンの真ん中にあるスクロールボタンの存在(これがあるとないとだと、ウィンドウスクロール操作の楽さが天と地ほど違う)と 2)キーボードに手を置いたままでクリックがしやすい位置にマウスボタンがあるということに尽きる。

タッチパッドのノートPCやデスクトップでは到底できない技なのだが、ThinkPadだとコピペなども Ctrl+c, Ctrl+v ではなく、右クリック+c, 右クリック+v でできてしまうので、私はこれらの操作をかなり多用する。

よく使うものとしては他にも

右クリック+d ← 削除
右クリック+r ← プロパティ参照
右クリック+w + f ← 新規フォルダ作成
右クリック+ n + n ← メモ帳で開く(send to の中にメモ帳へのショートカットを notepad という名前で作ってあることが前提)

などがあり、これらなしでは操作にストレスを感じてしまう。IBMが出しているトラックポイント付のキーボード(確か1万円以上したはず)を自費で購入して会社で使いたいと思う程にトラックポイントLOVEな私だが、右クリックがうまく反応してくれないThinkPadなど、翼のないヒコーキのようなもの。なんとかならないものかと購入後ずっと思っていた。

原因を探るべくじっくり観察してみたところ、以下のことがわかった。

1)[ツール]→[フォルダオプション]→[表示]のところに「フォルダとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する」という項目があり、デフォルトでONになっているのだが、こいつが右クリックメニュー表示のイベントを打ち消してしまっているようだ。こんな初心者向け機能は小さな親切、大きなお世話というもの。OFFにしてみたところ、クリックの認識率がかなり改善された。

2)それでもやはり何回に1回か右クリックを認識してくれない。よくよく観察してみたところ、どうも右マウスボタンの左端に近いところを押した場合にクリックを認識できていないようだ。以前使用していたThinkPad s30ではそんなことはなかったし、X41でもためしに左マウスボタンの右端を押すとちゃんと認識するので、マウスボタンの接点不良のようだ。

ということでサポートセンターに電話してみた。たったこれしきのことで1週間ほどノートPCを預ける羽目になるのかとブルーになったが、最近は部品だけを送ってくれる修理オプションもできたらしく部品を送ってくれるとのこと。トラックポイントのマウスボタンはキーボードの一部らしく、キーボードごとの交換になるようだ。一昔前はメーカー製のPCの場合、本体を少しでもあけたら保証の対象外となっていたことを考えると隔世の感があるが、修理直前までマシンを手元で使い続けられるのは非常に助かる。