金曜日, 12月 17, 2004

うぉーく帰宅

今日は夕方仕事で六本木へ行き、そのまま直帰。なんとなくぶらぶら歩いて帰ることにした。

ドンキ六本木店の前を通る。いつもと比べてどうなのかは分からないが、火事の影響で閑散という感じはなくて普通に客がいた。

Mizwaでランボルギーニを見たら、カブリオレが飾ってあった。リアホイールのリムの深さがなかなかえぐくて素敵。

そのまま東京タワー方面に向う。Aston Martinのショールームに何かニューモデルらしき車が飾られていた。このメーカーの現在のラインアップの、Dから始まる名前がつくシリーズとヴァンキッシュの見分けがつかないのは私だけだろうか?。

東京タワーのふもとのセブンイレブンでしばらく立ち読み。イトーヨーカドー本部の目の前にあるせいか、店内の棚の間隔がやたらに広いとか、トイレが広いとか、店員の言葉遣いが並ではなく丁寧とか、普通のコンビニとは結構違う感じがした。あの店舗ではいろいろな売り場作りの先進的な試みが行われているのだろうか?

しばらく歩くと、ドーンとかなり広いワンフロアにパーティションなしの机が並ぶ、いわゆる日本企業らしいレイアウトのオフィスの横を通った。ブラインドの隙間から、人が結構残って仕事している様子が見える。若い人が多く、茶髪の人も結構いたので、おカタい企業ではなさそうだ。島と島の間のところで立ち話をしている人もちらほらいて、猛烈に忙しそうという感じでもなかったのだが、何をしているのか気になった。入り口にも社名はなかったが、本社が近いN社の子会社か何かだったのだろうか?

ほどなく母校の横を通る。新校舎に建て替えるらしい。

交差点を曲がって歩いていると足つぼの店を発見。家のそばにあるとは思っていなかったので一瞬やってもらおうかと思ったが、この手の店にしては閉店時間が早く、閉店まで20分しかなかったので断念。

有名人がいろいろ通っていることで有名なジムの前にさしかかった時、中から人が出てきた。すれ違いざまに不思議な煙の香りがした。シガーでもたばこでもない香り。あれは、何だったのだろう?

自宅のそばのスーパーに寄り、閉店間際の半額見切り品をいろいろ買い込む。

しばらく空家になっていた、自宅前のマンション1階の通りに面した部屋に誰か入居したようだ。まだカーテンもついていないので部屋の中が丸見えなのだが、TVの前にでっかいマッサージチェアを2脚並べていた。私も一人暮らしを始める前に、ソファーのかわりにマッサージチェアを購入することを考えたが、部屋の美観と使い勝手をあまりに損ないそうなのでやめた経緯があるので、実行に移している人を目の当たりにして少し感動した。