日曜日, 11月 14, 2004

iPod Mini その後

購入後、毎日通勤時に使用しているiPod Miniについて、私が感じた問題点は下記のとおり。


  • Apple LosslessやWavなど、圧縮による音質ロスがないはずの形式のファイルでも、音が痩せていて、低音が足りないなど、音の情報の密度が低くなっているような印象を受ける。
  • イコライザーの大半が音のバランスが悪くて使いものにならない。ロックを聴くのにイコライザーなしは音が高音寄りすぎて疲れるので、イコライザーをONにしてClassicを選択しているが、ないよりましという程度。Bass Boostにすると音が割れるし、Treble Boostを入れると超高音は改善されるが、低音がスカスカになる。
  • 曲送りボタンとボリュームが同一のホイールであるため、曲送りの操作をしようとするときにボリュームが変わってしまうのが困りもの。
  • 電池のもちが意外に悪い。また、待機電力を消費しているらしく、往復1時間程度の通勤でも2日くらいでバッテリーがなくなる。
  • iTunesをオンラインでアップデートしたら英語版になってしまった。
こと音質に関してはかなり厳しいという印象なのだが、ネット上での評判と必ずしも一致していない部分があることに個人的には戸惑いを覚える。 ネット上でiPodの音質に関する疑問を投げかけている人々に対する肯定派の返答は


  1. iPodの音質は日本製によくあるドンシャリではなく、自然な感じで良好と言えるレベルだ。ただし高音と低音は足りないかも。(←それを指して音質が悪いと言っていると思うのだが・・・。今時の機器で回路のノイズが入るとかAM並みのこもった音質なんてあり得ないし。)
  2. 音質は圧縮率によるので、圧縮率を下げたらよい(←Apple LosslessでもSONYのメモリースティックウォークマンの128k圧縮よりも音がスカスカなのですが・・・)
  3. 付属イヤホンはおまけみたいなものなので、ちゃんとしたのに変えたらいい(←ちゃんとしている(はず?)イヤホンでも同じだし、同じイヤホンで他のプレーヤーで聞くとこのような不満を感じないので、やはりプレーヤー本体の問題だと思う。)
  4. 私は音が聴ければよいというレベルなので、これで全然満足!(←そうですか。)

Appleはオーディオメーカーではないので、その辺はSONYに一日の長があるということなのかもしれない。そう思うと、SONYのネットワークウォークマンが気になり始めた。ただし、メモリースティックウォークマンと同様に専用の圧縮フォーマットじゃないとダメとかだったらやだな。

ひょっとすると、私の不満の源泉は iPod Miniに内蔵されているアンプがパワー不足ということなのかもしれない。が、ここを強力にすると電池のもちが悪くなるので、カタログスペック上は大きなマイナスになってしまうだろう。音質に関する不満が大きなコンシューマーネガティブとして上がってこない以上、カタログ上の見栄えの方が優先されるだろうから、音質に不満を持っている人はそれを表明した方が改善される見込みは大きくなるかも。

が、AmazonのiPodのカスタマーレビューを見ると、ユーザーの音質に対する要求のレベルに非常にバラつきがあって驚く。これからすると私などは完全にニッチなマニア層に分類されてしまうだろう(非圧縮のWavでCDウォークマンと同等の音質を求めているだけなんだけど)。

世間で普通に5段階評価のリサーチしたらiPodの音質は「マニアが評価できるレベルではないが、一般的には問題なし」とかなってしまいやしないだろうか。だとしたら「音質にうるさいコアなオーディオマニアへの浸透を狙わない限り現状の音質で問題なし」という結論になりそうで、iPodの次なる方向が写真が表示できるiPod Photoだったりするのはそういうことなのだろうか・・・。

1000曲を超えるCDライブラリを持ち歩けるようになった、iTunesでダウンロード販売のあり方に新風を持ち込んだ(ついでに音質面で悪名高きコピーガードCDの撤廃のきっかけになった)等、iPodの登場には意義があるのだが、オーディオ機器としての本質がそこまでできていないのに、太刀打ちできていない日本のメーカーにはもっと頑張ってほしいものだと思う。Appleがマニアをもうならす高音質版iPodを出すか、携帯電話が同等のことをできるようになったら家電メーカーのHDDウォークマンが首位に踊り出るのは相当難しくなると思うので。