火曜日, 11月 02, 2004

カムカム

私は高校時代をタイで過ごしたので、フルーツは人より食べている方だと思う。日本では珍しく、非常に高価なトロピカルフルーツもそれこそ食べ飽きるほど食べているのはきっと幸せなことなのだが、食べ飽きてしまっているのでありがたみを感じられなくなってしまっているのは、ちと残念。

それはそうと、当地でのフルーツの名前は変わったものが多かったように思う。我が家で勝手に命名してしまっているものも中にはあるのかもしれないが、チョンプーとかマラコーとかンゴとか、いろいろあった。

なんでこんなことを思い出したかというと、変わったフルーツの名前を聞いたからである。その名はカムカム。東南アジアではなく南米のフルーツだそうで、ビタミンCの含有量は果実一なのだとか。生での輸出が禁じられているそうなので、果実を賞味できる機会はなさそうだが、不思議な名前の果物だ。