水曜日, 10月 06, 2004

写真つき

このBlogに写真を貼るときにはいつもタグを手でチクチク打っているのだが、Bloggerに写真をアップするソフトがあると聞いた。Picasaというらしい。ダウンロードしてみたが、もともとは有料の写真閲覧ソフトだったのをGoogleが買収してフリーソフトになったそうな。一覧用サムネイルの大きさを自由にリサイズできたり、赤目の修正ができたり、スライドショーの機能があったりと、フリーにしてはかなりいい感じだ。英語版しかないことさえ気にならなければ市販のアルバムソフトは不要なのでは?と思えてしまう。

が、実はこのソフトだけではBloggerに写真はアップできず、Helloという別のソフトも組み合わせる必要があるとのこと。この時点で私の頭の中は「なぜ?」という疑問で一杯。Helloをインストールして起動しても、GUIがごちゃごちゃしていて何をするソフトなのかさっぱり分からないし、Optionの設定項目の中にもアップロード先ののBlogのアカウントを設定するような場所は見当たらない。
とりあえず、send photoというボタンを押したら、アップロードしますか?みたいなダイアログが出てきたが、Yesと選択した途端OSごとフリーズしてしまった・・・。Ctrl+Alt+Deleteも一切受付けないような完全なフリーズなんてWindows98を使っていた時以来ですよ。

その後サイトでいろいろ調べてみたところ、どうもこのHelloというのはP2Pの写真共有ソフトらしい。そのため、写真をシェアする相手をフレンドとして登録しておくのだが、Bloggerは「Bloggerbot」という「人物」として登録されていて、その人宛に写真を送ることで写真がBlogにアップされるという仕組みらしい。PCの扱いに慣れていない一般人で、この手順を理解できる人がどの程度いるんだろうか。

Googleがからんでいながら、ここまで分かり難いユーザーインターフェースが採用されていたり、挙動が不安定なソフトが公開されていること自体驚きだが、Googleも巨大化しすぎてポリシーが隅々まで浸透しなくなっているのだろうか、などと勝手に考えてしまった。