金曜日, 9月 03, 2004

Google Newsのチャレンジ

日本でもGoogle Newsが始まった。開いてみてみると、どの新聞社のサイトよりもコンパクトにギュッと情報が詰まっている感じで、なかなか使いやすそうだ。これで私のブックマークもAsahi.comからこっちに変更ですな。

ところで、日本のマスコミサイトには不思議な常識があるようで、個人が運営しているニュースサイトなどが記事に直リンクを貼る行為がトラブルとなっているケースをいくつかネット上で目撃したことがある。そういった際のマスコミ側の主張は、リンクが許されるのはトップページに対してのみ、というもの。

おそらくはサイトトップの広告に一番高い値段をつけているので、記事を読む人が必ずトップページを一度は見るようにさせたいという思いからそういうことを言っているのだと思うが、ネットの特質を全く理解できていないのだな、と感じさせられたものである。記事への直リンクを許した方が検索エンジン上有利だと思われるが、そこは全国区の認知度を持っているが故に検索エンジンに頼らずとも集客できると言う自負の現れか。

それにしても、Google Newsはこの問題をどうクリアしたのだろう?RSSなどを取り込んでいるとしても、直リンクには変わらない。前述のような固いことを言っている会社はRSSの特質なんて全く考慮しないだろうし・・・。はて?と思っていたら、すでに問題になっているらしい

Blogなどでは「これは新しいインフラなのだ」ということでGoogle擁護派が多いように思うが、だったらGoogleもロボットやプログラムによる検索結果の表示を許可しないとフェアじゃない気がする。

Google に自動化されたクエリを送信しない。


あの規約はGoogleが一所懸命計算して作った検索順位をタダ乗りで真似されてはかなわんという理由からできているのだと思うが、Google Newsはその逆をやっているわけだ。マスコミもGoogle Newsによってトラフィックが増えるのだからよいだろう、というロジックをそのまま検索結果に当てはめたら、Googleは他の検索サイトが検索結果をサマライズするのを喜んで認めるのだろうか?

一方、最近GoogleはAdSenseの広告収入をバナーを表示したサイトオーナーにも分配するということを発表した。Google Newsについても何らかの形で自分が受けた収入を、自らが誇るマイクロペイメント管理システムを通じてマスコミに分配するようにするというような形で落とし所を探ることになるのではないかな、という気がする。