木曜日, 9月 16, 2004

先日、会社のそばで夕飯を食べた際に非常においしい枝豆を食べた。見た目は普通のものより小ぶりで、あまりみずみずしくない感じだったのだが、食べるとすごくコクがある。一体普通のものと何が違うとああなるのだろう?あれだったら夕飯の納豆とリプレースしてもいいかな。あ、でも煮るのが面倒臭そうなので、やっぱり却下。いやいや、以外にレンジでチンとかできるのかもしれない。

豆と言えば、今度は黒豆にフォーカスが当たりそうな気配なのだが、黒豆茶黒豆コーヒー、さらには黒豆ココアなんてものまであったりして、応用製品がやたらに多い。

実は、この中で黒豆コーヒーは飲んだことがある。職場でマグカップなんて持っていたりするとついついコーヒーでもガブ飲みしてしまい、胃によろしくなかったりするのだが、この製品の場合、そんな心配は無用。もちろん、コーヒーと同じ味、というのはちょっと無理だが、クリームを入れておいしく飲めていたことは覚えている。