金曜日, 8月 13, 2004

コラーゲン

選挙のときにいつも思うのだが、政治家はなぜあんなに肌がツヤツヤしているのだろうか?彼らだけに限ったことではなく、リッチそうな経営者で顔色が悪い人というのはあまり見たことがない気がする。

きっと栄養が豊富で滋養に満ちた食事をとっているからではないかと思うが、肌にハリやツヤがないよりはあった方が若々しく見えるし、できればそうありたいものだと思う。

映画を見るとたまに「お主、よい仕立てのスーツを着ているな」というセリフがあるが、仕立てや生地の違いなんて私自身ユニクロの服しか持っていない時には分からなかった。が、少し洋服に気を使い出してからは、少なくとも「高そうな服」というのは見て分かるようになった。

若い頃は全く気にしなかったが、年を重ねるにつれ肌の変化が分かるようになってきた。老化を止めることはできないが、その速度を変えることは心がけ次第で可能なのではないかと思う。

コラーゲンというわけで、私はちょっと前にコラーゲンの粉末を買った。たまにスープに溶かして飲んだりしているのだが、調子に乗って量をふやすとニキビができてしまうのが困りもの・・・。

20年後くらいに「お主、コラーゲンをたくさんとっておるのう」と密かに思われるような肌でいられればよいのだが、さてさてどうなることやら。