月曜日, 8月 30, 2004

碁石茶

お茶の中で何が一番好きか?と聞かれたら私はプーアル茶と答える。別に家にお茶セットが用意してあるほどのお茶好きというわけではなく、家で飲むのはもっぱらインスタントコーヒーなのだが、自分が喫茶店でコーヒー・紅茶以外のものを頼むとしたら、プーアル茶をまず探してしまう。

プーアル茶は発酵茶なので、熟成の年度がモノを言うという点でワインと似ているところがあると思う。私は酒は弱いのであまり飲まないのだが、本当に良いワインは渋いお茶のようで非常に飲みやすいと感じる。なので、熟成を重ねた発酵茶には非常に興味があるのだ。

現在香港に赴任している弟に聞いてみたところ、プーアル茶のビンテージ物というのはいろいろあるようで、高いものは小さなカタマリで3万円ほどもするらしい。ますますもってワインのようだ。どこかで1杯1000円くらいで飲ませてもらえないものだろうか・・・。

そういう発酵茶は中国だけのものかと思っていたら、日本にも碁石茶というお茶があるそうだ。生産地が限られているので希少なお茶のようだが、是非一度飲んでみたいものだ。