月曜日, 8月 09, 2004

オリンピック一考

ちまたではもうすぐオリンピックらしい。私はもともとあまりスポーツ中継を見ない人だが、オリンピックはなんだかんだ言って見てしまう。そして、感動的なプレーを見るとちょこっとジーンとしたりする。

スポーツ一筋の人生というのはある意味怖いと思う。その道で本当に一流にならなければ大人になって選手を引退した後に、「第2の人生を何で生計をたてていくか」という難しい選択をしなければならない。マイナーなスポーツの一流選手が「私が大金を得ることで子供達がこのスポーツでプロになる希望を持ってもらえれば」という趣旨の発言をしているのを耳にすることがあるが、サッカーなどメジャーなスポーツですら、選手生命の短さゆえ人生の収支がどうなるかは超ハイリスク、ハイリターンに見える。

で、そんな過酷な世界で勝ち続けるということを考えるとき、こちらで書かれている話は非常に興味深いと思った。やっぱり運動にせよ、お勉強にせよ、優秀な遺伝子を持つ人には適わない気がするのは私だけか。

オリンピックに関して私が他に思っていること


  1. プラズマディスプレイはこのオリンピックを契機にどれだけ売れるか?→もっと普及して早く値下がりして欲しい。

  2. オリンピックに触発されてとりあえず体を鍛える人が増えるか?→だとしたらクレアチンとか売れるのかな?